通信速度が思ったより早くない

世間一般的には、光回線は速いというのが定説となっていますが、実は光回線に乗り換えた事で必ずしも高速通信が可能になるとは言い切れない部分もあります。

これには理由があります。

インターネットや光電話に使う回線は、基地局からの距離によって通信速度が変わります。

例えば光回線よりも遅く不安定とされているADSLを戸建住宅で使用する場合、すぐ近くに基地局があると光回線よりは劣りますが、ADSLとしては十分なくらいさくさくと進みます。

同じ理屈で、光回線を導入したとしても、家が基地局よりもかなり離れた距離にある場合、通信速度は低下する傾向があります。

光回線は高速通信が可能というのも売りとなっていますが、実際には資料に書いてある数字よりもはるか下の数字しか出てないケースも多いのです。

戸建ての光回線の場合は基地局から遠いほど、遅くなる傾向があると思っておきましょう。

同じ光回線でもマンションタイプはまた事情が違ってきます。

マンションといっても部屋数はそれぞれ違いますが、マンションタイプの場合は光回線を部屋数で分割して使いますので、同時に接続する人が多いほど通信速度が遅くなる傾向があります。

最近はマンションを建てるときに、あらかじめ光回線を導入し工事も完了しているところが多いのですが、分割する分負担も大きくなるのでどうしてもその影響が出てしまいます。

特に夜はインターネットを使う人も増えるので、光回線だからといっても必ず資料通りの数字が出るとは限らないのです。

●詳しくは→SoftBank 光(光回線)をはじめよう